風俗の仕事に興味はあるけれどもどんなものなのかよくわからない、女性が道具のように扱われるので抵抗がある、という思いを持っている方もいるかもしれません。

確かに昔は営業にヤクザが絡んでいたり、店自体が何となく暗い雰囲気を醸し出していることもありました。働いている女性も、単に性欲を発散させるために利用されていた面は大きいと思います。

ところが最近の風俗は企業として運営しているところが多く、また風俗上から男性の癒しの場として利用されるケースが目立つようになって来ています。

ただ単にエッチをしてそれでおしまいではなく、トークや雰囲気、サービスなどさまざまな面で男性を楽しませてあげる必要があります。

いわゆる「専門職」的な要素が強くなったといえるでしょうか。中には、キャバクラ感覚でエッチをせずにおしゃべりを目的に来るという男性客も少なくないようです。

店を運営していくにあたっては、さまざまなルールがあります。お客の中にはそのルールを守れない男性もいて、禁止されている本番を強要されるケースもあるかもしれません。

そんなときには、「お店に確認してみます」といえばほとんどの場合諦めてくれるはずなので心配は不要です。

Published by JEFFERSONARCA